コッツウォルズな家 完成までの日々

MAKE IS HOME《住宅バスターズ》で建てる
コッツウォルズ住宅をご紹介します
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 断熱材:発泡ウレタン吹付完了 | main | アンティーク調 床材 〜施工中〜 >>
# 現在の建物外観は・・・・・
現在、現場は透湿防水シート貼が完了

もう雨は建物の中へ入ってきません

透湿防水シートは建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性

壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性

両性質を兼ね備えたシート

建物に貼ってある白い紙が透湿防水シート


写真縦に通っている木材(胴縁)は外壁通気工法用の胴縁




屋根完成しました 屋根の上からの撮影


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
にほんブログ村       ←ランキングに参加しています!クリック 応援おねがいします!!

| comments(4) | trackbacks(0) | 17:30 | category: 輸入住宅 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:30 | category: - |
コメント
たまたまブログ見ました、
「通気層を設けた場合」の、天然石の石張りは、湿式も乾式も不向きですよ。
通気層を設けた場合は、軽量な外壁材を使用するのが基本です。
なぜなら胴縁が石の荷重に耐えられないからです。
壁面の構造計算はされていらっしゃいますか?(ほぼ良い数字は出ないことでしょう。)
危険すぎるので、やめたほうが良いと思います。
以前通気層工法で、天然石ではないですが、重い外壁材(50kg/m2くらい)を使用し、数年後に外壁ごとズリ落ちた事件もあったほどです。(結局この会社はなくなったそうですが。)
原因としては、胴縁に打つビスの本数が限られている為、年々ビスが下へ折れ曲がっていったそうです。
通気層工法の場合は、軽量の外壁材を使用しなければいけないのは、常識で、大手ハウスメーカー(Mホーム、Tホーム、Nホームなど)も、たとえ施主の希望といえども必ずお断りします。
今から助言するとしたら、軽い外壁材に変更するか、せめて1階部分にだけにするかが良いと思います。
タイル屋さんが張るのか、石屋さんが張るのかわかりませんが、最終責任は結局請け負い会社さんになるので、お気をつけ下さい。
もちろん何か他に良い方法があるのでしたら、良いのですが、通気層工法で天然石とわかり、失礼ながら心配になり、コメントさせて頂きました。
安全で良い建築を願っております。
| 石職人 | 2009/06/11 11:19 PM |

貴重なご意見ありがとうございます。
慎重に工事させて頂きます。
| 現場監督さん | 2009/06/23 7:27 PM |

こんにちは。私は四国で庭を造っております。石職人さんと同じで
たまたま拝見いたしました。コッツの乾式は日本で初めて見ました。相当に吸水率の高い石だけに慎重に施工しないといけないので、手間もかかるかと存じます。完成を楽しみにしております。
| いで | 2009/07/13 5:18 PM |

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
慎重に工事させて頂きます。
| 現場監督 | 2009/07/16 9:03 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://j-busters1.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
ランキングに参加しています。応援お願いします!!
Search this site
Sponsored Links