コッツウォルズな家 完成までの日々

MAKE IS HOME《住宅バスターズ》で建てる
コッツウォルズ住宅をご紹介します
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< タイル工事「その弐」 | main | ウィリアム・モリス三昧 >>
# 外観お披露目
 やっと・・・

とぉとぉ・・・

足場が外れ

その姿を現しました

ここだけ見ると「コッツウォルズ」ですね


ハニーストンの素材感というか凹凸感も写真でもわかりますね!!

全体はこんな感じです






にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
にほんブログ村      ←ランキングに参加しています。応援お願いします
| comments(3) | trackbacks(0) | 21:24 | category: 輸入住宅 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:24 | category: - |
コメント
悩殺されてしまいました(笑)
イギリス一美しい村の家が間近に誕生するとは、ご近所の方もびっくりされているのではないですか?

窓の大きさや数もいいですね。
日本の住宅みたいに、とにかく沢山窓を付けて採光を、ではなく控えめなところがGoodだと思います。
そうすることで光と影が美しい空間をかもしだすのでしょうか。室内の写真も楽しみです。
| ギズモっち | 2009/08/02 11:58 AM |

ギスモっちさん
さすがに目の付け所が違いますね!!
ただ窓を大きくすればよいというものではなく、イギリスではあまり日差しの強くない北側の部屋が人気なんです。
外観は、形はもちろん窓の形状も大切で
この家に窓を大きくすると、単に日本の住宅にコッツの外壁を使ったとなってしまいます。

この家は一見威風を放っていますが、住宅地にも不思議と溶け込んでいます。
やはり天然素材の石が落ち着いた感じにしてくれてるんでしょうね。
| 現場監督さん | 2009/08/03 8:12 AM |

なるほど〜。ただ単に「外国の建材を使えば外国の家になる」、ということではないのですね。
部材だけにとらわれず、形や配置なんかも大事ですね。
案外見落としがちな部分かもしれません。メモしとこうっと。
| ギズモっち | 2009/08/05 11:16 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://j-busters1.jugem.jp/trackback/30
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
ランキングに参加しています。応援お願いします!!
Search this site
Sponsored Links